会社情報

Company Information
会社概要
コーポレートスローガン

水と空気を操る技術で、暮らしに貢献する。

CONTRIBUTING TO SOCIETY WITH WATER AND AIR CONTROL ENGINEERING

1956年の創業以来、弊社はポンプやコンプレッサ、住環境商品の製造・販売を行ってまいりました。
2009年4月に東大阪市より京都府精華町、けいはんな学研都市へ全面移転し、研究開発型企業として、水循環システムを始め、医療および住環境関連機器の研究開発から、企画・製造・販売までの製販一体の体制を確立しております。 より顧客に近い存在として「お客様第一主義」に徹し、社会への貢献を目指してまいります。

会社概要

会社名 ケーピーエス工業株式会社
代表者 代表取締役社長 加藤 晃
設立 1956年2月
資本金 6,000万円 (草津電機100%出資)
従業員数 77名
取引銀行 滋賀銀行  草津支店
商工中金  大津支店
南都銀行  けいはんなプラザ出張所
ISO認証取得 ISO9001・ISO14001

会社沿革

1956年2月 河内精機工業株式会社を東大阪市に設立
  モータ、ポンプ部品の生産を開始
1959年5月 井戸用ポンプの生産を開始
1963年11月 三洋電機株式会社の系列会社となる
1974年2月 社名を三洋精機工業株式会社と改称
1976年3月 企画、設計部門を三洋電機株式会社より移管
1988年12月 スチームクリーナー等のポンプ以外の製品の生産を開始
1998年3月 ISO9001 取得
1998年12月 ISO14001 取得
2001年9月 三洋電機株式会社から草津電機株式会社へ全株式が譲渡される
2002年4月 社名をケーピーエス工業株式会社に改称
(Kusatsu Pump System)
2004年10月 医療用ピストン型コンプレッサの生産を開始
2009年3月 幕張メッセで開催された「テクノフロンティア2009」に小型ポンプを出展
2009年4月 本社工場を東大阪市よりけいはんな学研都市である京都の精華町に移転
2011年12月 三洋電機の井戸用ポンプ国内販売事業終了に伴い、KPSブランドでの井戸用ポンプの販売を開始
2013年9月 平成24年度ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金事業に「ソーラー井戸ポンプシステムの開発」が採択される
2014年1月 ニューデリー(インド)で開催された「11th Everything About Water Expo 2014」に井戸用ポンプ、マイクロバブル発生装置を出展
2014年3月 クアラルンプール(マレーシア)で開催された「ASIA WATER 2014」に井戸用ポンプ、マイクロバブル発生装置を出展
2014年9月 平成25年度中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業に係る補助金事業に「医療用超小型コンプレッサの開発」が採択される
2014年10月 長浜市(滋賀県)で開催された「びわ湖環境ビジネスメッセ2014」にソーラー井戸ポンプシステムを出展
2015年5月 上海(中国)で開催された「中国国際医療機器博覧会(CMEF2015)」にピストン型コンプレッサを出展
2015年9月 草津本社が推進する平成27〜29年度戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)の「革新的巻線技術による在宅用人工呼吸器向けマイクロモータの開発」に参画
2015年11月 JETRO輸出有望案件発掘支援事業(現 新輸出大国コンソーシアム)にピストン型コンプレッサが採択される
2016年2月 アナハイム(米国)で開催された「MD&M West 2016」にピストン型コンプレッサを出展
2017年9月 草津本社が推進する平成30〜31年度戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)の「持続的気道陽圧ユニット(CPAP)の静音・長寿命・高追従性を実現する高機能ブロアの研究開発」に参画
2017年9月 ISO9001/ISO14001 2015年版を取得
2017年12月 JICA2017年度中小企業海外展開支援事業でミャンマーにおける「無給水・無電化地域へのソーラー井戸ポンプシステム導入のための案件化調査」が採択される

設備一覧

主な生産設備

種類 メーカー 形式 仕様
CNC旋盤 DMG森精機 SL-25 鋳物加工
CNC旋盤 DMG森精機 CL-25 鋳物加工
CNC旋盤 オークマ GENOS L-250 鋳物加工
CNC旋盤 オークマ GENOS L-400Ⅱ 鋳物加工
CNC旋盤 玉木 NV-300T 鋳物加工
CNC旋盤 シチズン M20 シャフト加工(ステン)
CNC旋盤 シチズン F-25 シャフト加工(ステン)
CNC旋盤(複合機) DMG森精機 NL-2500(ガントリー付き) 真鍮/砲金加工
CNC旋盤(複合機) DMG森精機 NL-2500 アルミ/砲金加工
CNC旋盤(複合機) オークマ LB-3000EX 砲金加工
マシニングセンタ キタムラ マイセンター0 鋳物加工
マシニングセンタ OKK PC-V40Ⅱ 鋳物加工
タッピング ブラザー TC-S2D N-0(深1軸付) 砲金加工
タッピング OKK TC-S2D 0(深1軸付) アルミ加工
射出成型機 日精樹脂工業 ES-3000(型締め力/150t) 樹脂成型加工
射出成型機 日精樹脂工業 ES-600(型締め力/60t) 樹脂成型加工
プレス 井上油圧機械 200t油圧プレス (200t) 鋼板加工
プレス 大雄プレス SCP-15L(150t) 鋼板加工
プレス 光造機 SPH-70(70t) 鋼板加工
プレス 淀川プレス PH-3LA PP-55(55t) 鋼板加工
プレス 坂本プレス SPC-60(60t) 鋼板加工
アーク溶接ロボット ダイヘン FD-V8 垂直多関節型6軸
スポットプロジェクション溶接機 浪速電機製作所 SL-AP-A120-2 400V 120KVA
着磁機 日本電磁測器 SCB-2010 AC200V 2,000J
自動回転ラック ダイフク カルーセル MP-1 10,000x1,600x2,500H mm 280棚
ポッティング注入機 日本ソセー STW-202SNP-30型 ウレタン樹脂
動釣合試験機 島津製作所 SGB-3KⅡ 横型2面測定
ポンプ性能自動判定器 ケーピーエス ----- 社内システム連動型
FFT騒音自動判定装置 ケーピーエス ----- 社内システム連動型
コンプレッサ組立専用室 建築物 ----- 静電気対応 準クリーンルーム

主な測定設備

種類 メーカー 形式 仕様
三次元測定器 ミツトヨ BH-V507 X:500 Y:700 Z:400 mm
表面粗さ測定器 ミツトヨ SURFTEST SV-3100 X:100 mm
真円度測定器 東京精密 ロンコム31C φ250 Z:200 mm
画像寸法測定装置 キーエンス IM6120 φ100×200 mm (広視野モード)
微小硬さ試験機 ミツトヨ HM-102 Hv700
膜厚測定器 フィッシャー FMP-20 電磁式、過電流式デュアルスコープ
X線蛍光分析計 島津製作所 EDX-7000 材料分析、RoHS分析
ポンプ性能測定器一式 横河電機他 ----- 電磁流量計、差圧伝送器、リーク試験器、回転数測定器他
電気検査設備一式 横河電機他 ----- ディジタルパワーメータ、絶縁耐圧器、アース導通器他

主な実験、開発設備

種類 メーカー 形式 仕様
防音シールド室 ダイツーシールド D-WSSB シールド150kHz〜50MHz 60dB以上減衰 防音25dB以下
環境試験室 エスペック TBL-2HW6P2A 温度-30〜80℃ 湿度20〜95% 4.0㎡
冷熱衝撃試験装置 エスペック TSA-41L-A 温度-65〜200℃ ダンパ切替2ゾーン方式
3Dプリンタ Formlabs Form2 光造形 X:145 Y:145 Z: 175 mm
3Dモデリングマシン ローランド MDX-540 切削加工 X:500 Y:400 Z:155 mm
液中パーティクルカウンタ― SONIC LIQUILAZ E20P ファインバブル測定
FFTアナライザ OROS OR34 騒音、振動分析
高速度カメラ PHOTRON FASTCAM-512PCT32K 32,000枚/秒
三次元測定スキャナー SOLUTIONIX Rexcan CS+ 非接触光学式
サーモグラフィー FLUKE Ti400 温度分布測定
分析用電子天秤 AND GH-120 0〜120g 0.1mg
モーター試験機 菅原研究所 DMC-2他 0.2〜5Nm
オシロスコープ 横河 DLM4038 8ch 350MHz
ディジタルパワーメータ 横河 WT-1804E 各種電力測定
シミュレーション電源 菊水他 ----- EMC、各種電源環境試験
各種測定設備 横河他 ----- 熱電対記録計、漏れ電流試験機、抵抗計他
2D CAD AUTODESK ----- auto CAD 5台
3D CAD ダッソーシステムズ ----- SOLID WORKS 8台
各種解析ソフト AUTODESK他 ----- 流体解析、構造解析、樹脂流動解析他
耐久試験室 建築物 ----- 2棟 15.5㎡ 7.1㎡
揚水試験用空井戸 建築物 ----- 深さ40m

品質・環境への取り組み

ISO9001/14001 <1998年3月/12月認証取得>

品質及び環境方針

「私たちは、お客様の声に謙虚に耳を傾け、
常に品質向上と環境改善を
意識した仕事をします。」

当社の全ての部門において品質最優先を貫き、また、環境負荷の低減と汚染の予防、環境保護に努め、品質及び環境の関連法規と、当社が必要と認めたその他の要求事項を順守するとともに、マネジメントシステムの継続的改善を行い、お客様や社会にとってなくてはならない会社になる為、品質及び環境方針を定める。

2018年度 品質及び環境目標
  1. お客様の声を各部の活動に取り入れること。
  2. 社内に於いても次工程の人はお客様と考え ミスのない仕事をすること。
  3. 品質管理のシステム化を進展させ、情報の共有化を図ること。
  4. 環境に配慮した商品開発を行うこと。
    1. (1)消費電力の削減、小型軽量化の推進
    2. (2)環境不適合物質の排除
    3. (3)再資源化率の向上
  5. 企業活動及び家庭生活において、常に節電等省エネに取り組むこと。
  6. 5S 活動を通じて、徹底的に無駄を排除すること。

上記の品質・環境方針の達成の為、具体的な品質・環境目的及び目標を設定し、実行し、維持すると共に、毎年品質・環境方針を含め、見直しを行います。広報活動、社内教育活動等を通じて全従業員に環境方針を周知・徹底すると共に、社内掲示をして品質・環境に関する意識の向上につとめます。

ケーピーエス工業株式会社
代表取締役社長 加藤 晃